2013年03月15日

名古屋オフィス

2月から名古屋の金山に拠点を構え、『名古屋オフィス』として活動を展開しています。
 
その新拠点も既に一ヶ月半が経過し、滑り出しは上々、といきたいところですが、
 
やはり当初から判っていたとおり、新しい場所での事務所の立上げはそんなに甘いものではありませんでした。
 
こんなくだりを書くと、「な~んだ、駄目なのか」と思われてしまうかも知れませんが、
決してそうではなく、目標が高いということがその理由です。
 
 
 
もちろん開所までの期間で、下準備と営業展開までの努力を続けてきたので、
3月に入ってからは、少しというよりもむしろ、かなり上向きになり軌道に乗りそうな気配。
 
ここから一気に弾みをつけていきたいものです。
 
 
現状、目標数字に届いていない名古屋オフィスの数字を、本社のメンバーがカバーし援護してくれています。
 
 
それぞれのメンバーが役割をこなしてくれるようになってきて、
まだまだですが、少しばかり会社の成長が見えるようになってきました。
 
 
 
名古屋のメンバーも立上げを必死で、それこそ死に物狂いでやってくれているので、
成長曲線を描いていきそうなイメージを会社全体で共有できているのが、
本社を含めたメンバー全体のモチベーションにもつながっています。
 
 
立上げまでの準備も当然ですが、拠点を展開してから一気に、ある程度のところまで持っていくエネルギーと熱意がカギを握っていると思っています。
 
そのエネルギーと熱意を持ってやっている名古屋オフィスのメンバーの仕事ぶりは、
まだまだ実際の成果はこれからなので油断は出来ませんが、成果が出るであろうというのが容易に見て取れます。
 
 
今月は年度末で、当社では下半期の最終月になります。
下半期の締めくくりにふさわしい数字になるよう、のこり数週間頑張っていきたいです。
 
 

投稿者 中村 憲広 : 23:12 | コメント (0) | トラックバック


PR:京セラドキュメントソリューションズ.com
PR:京セラドキュメントソリューションズジャパン.net
PR : 中古コピー機 名古屋