2010年03月31日

2010年 入社式

待ちに待った入社式。
 
 
この行事、限りなく春を感じさせます(笑)
 
 
 
 
3月27日の土曜日。
 
当社も2名のフレッシュマンを迎えました。
 
 
 
2010_3_27_nyuusha_1.JPG
 
 
写真右:私と同姓の中村君。(名城大卒業)
 
「メモリーの中村といったら僕のことだと思われるような人材になります。」と名言を内定前後に言っていました(笑)
 
 
写真左:池田君。(南山大卒業)
 
 
 
 
 
今年の社長訓示は、新入社員だけでなく全社員に宛ててメッセージを送らせて頂きました。
 
 
 
新たなメンバーを迎え、益々エネルギーを充実させ仕事に取り組んでいかなければなりません。
 
 
 
 
まずそれぞれの部署のリーダーが率先して、範を示し、行動を。
覚悟を持って変革をしていく事を幹部に約束して頂きました。
 
 
仕事に対する志、理念が希薄になってきている方は今一度、志を持って頂くこと。
 
志や理念を、日々の仕事における詳細な行動にまで落とし込んでいくこと。
 
 
変化の激しいこんな時代だからこそ、ぶれない信念(志、理念)をリーダー自身が持ち、メンバーと共にスピードを持って変化に柔軟に対応していく。
 
 
 
新入社員の2名にも、覚悟を持ったリーダーと共にする仕事は、
エキサイティングでどんなに楽しいことか、またそれは自分の可能性を伸ばしてくれる絶好の環境であることを理解してもらえたと思います。
 
 
 
 
2010_3_27_nyuusha_2.JPG
 
 
素晴らしい入社式を執り行う事が出来ました。
 
守山君、竹内君、設営お疲れさまでした。ありがとう!
 
 
 
入社式後は、新入社員を囲んで食事会。
食事会では、2人のフレッシュマンがみんなの前で余興を。
 
 
その後、歓迎会でボーリングへ。
 
 
2010_3_27_nyuusha_3.JPG
 
 
2010_3_27_nyuusha_4.JPG
 
 
2010_3_27_nyuusha_5.JPG
 
 
 
新入社員を囲んで、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
 
 
 
池田君、中村君、頑張って下さい!
 
 

投稿者 中村 憲広 : 20:51 | コメント (0) | トラックバック

2010年03月26日

還暦

私の父親も今年で60歳を迎えました。
 
 
 
そう還暦です。
 
 
 
22日、23日の土日を利用して、
還暦のお祝いで和歌山に行って参りました。
 
 
 
 
行き先は、高野山
 
 
 
 
私も初めて行きました。
 
 
 
 
高野山は、ユネスコ世界遺産に認定され
弘法大師(空海)によって開山されて1200年を迎えるそうです。
 
 
 
 
 
母が以前行った感想から、
「“天空の城ラピュタ”のような場所」
と言っており、実際行ってみると本当にラピュタそのものでした。
 
 
 
 
 
長い山道が続き、行き着いた先は頂上なのに開けた場所。
 
(実際は、八葉の峰と呼ばれる峰々に囲まれた盆地上の平地ですが。)
 
 
 
 
 
今までで味わったことのないような雰囲気でした。
 
 
 
それは京都でもない、高山でもない、不思議な雰囲気を持っている。
 
 
 
 
 
まさに “ 聖地 ” と呼ぶに相応しい場所でした。
 
 
 
 
 
 
 
宿泊は、『小坂坊 持明院』。
 
http://www.tabiguide.com/jimyoin/index.htm
 
850年の伝統を持つ寺院(宿坊)です。
 
 
 
 
 
精進料理がとても美味しく、
普通の旅館とまた違った雰囲気を味わうことが出来ました。
 
 
 
 
朝はおつとめに参加することもでき、
お経を唱えるお坊さんと一緒に本堂で座禅を組みました。
 
 
 
2010_3_20_wakayama_3.JPG
 
 
2010_3_20_wakayama_2.JPG
 
 
2010_3_20_wakayama_4.JPG
 
 
2010_3_20_wakayama_1.JPG
 
 
2010_3_20_wakayama_5.JPG
 
 
 
 
朝のおつとめが終わり朝食を済ませ、宿坊を後にし、
奥の院まで歩いて参拝することに。距離にして約2キロの道のりです。
 
 
 
春になり暖かくなったとは言え、
高野山は手が凍え、膝が寒さで歩き難くなる程、
まだまだとても寒かったです。
 
 
 
 
一の橋から参拝し奥の院までの参道には、
無数のお墓が立ち並んでいます。
 
 
その墓は20万基以上あると言われていて、
有名な方のお墓が数多くありました。
 
 
戦国大名のほとんどの墓がここにあると言っても過言ではないと思います。
 
 
当時の敵味方関係なくお墓が立ち並ぶのは、
とても不思議な感じでした。
 
 
上杉謙信
伊達政宗
武田信玄
武田勝頼
織田信長
石田三成
明智光秀
徳川頼宣
井伊直弼
市川団十郎
 
などなどです。
 
 
私の尊敬する経営者、松下幸之助さんのお墓もありました。
 
 
2010_3_20_wakayama_6.JPG
 
 
ここから奥の院。ここから先の写真撮影は禁止です。
 
 
2010_3_20_wakayama_10.JPG
 
 
2010_3_20_wakayama_8.JPG
 
 
 
 
和歌山ということで、
少し?足を伸ばし熊野本宮、那智大社まで参拝してきました。
 
 
ちょうど桜が開花し、昨年の5月に行ったときとは違う雰囲気を味わうことが出来ました。
 
熊野本宮は、これで三回目。
 
(「人生、熊野に三度」は達成です。(笑))
 
 
 
 
2010_3_20_wakayama_9.JPG
 
 
還暦を迎えた父と
桜咲く熊野本宮をバックに。
 
 
 
 
 
おめでとう。
 
いつまでも元気で。
 
 

投稿者 中村 憲広 : 13:25 | コメント (2) | トラックバック

2010年03月25日

会社説明会

今日は一日中、会社説明会を半田市にて。
 
 
2011年3月卒業予定の学生さんと直接お会いできる機会でした。
 
 
 
2010_3_25_rubian_2.jpg
 
 
 
4月で入社3年目を迎える竹内君と当社の説明をしました。
 
 
 
 
当社も2日後の3月27日には入社式を予定し、2人の新入社員を迎えます。
 
 
 
こういう市況の時期だからこそ、
当社にピッタリマッチした学生であれば積極的にいきたいと思っています。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 19:56 | コメント (0) | トラックバック

2010年03月24日

なごや食フェスタ

3月22日月曜日、午前中に吹上ホールにて行われた
 
 
「なごや食フェスタ」
http://nagoya-shokufesta.jp/
 
 
に行って来ました。
 
 
3月20日~22日の3日間にわたって開催。
 
 
 
 
名古屋開府400年ゾーン、
 
名古屋近郊「ご当地鍋&ご当地イケ麺」、
 
こだわりの食彩ゾーン、
 
健康づくゾーンなどが登場。
 
 
 
2010_3_22_nagoyashoku_1.JPG
 
 
2010_3_22_nagoyashoku_2.JPG
 
午前中からたくさんの来場者で会場は熱気ムンムンでした。
 
 
2010_3_22_nagoyashoku_3.JPG
 
2010_3_22_nagoyashoku_5.JPG
 
食事をするコーナーは、
3連休の最後の祝日ということもあり沢山の家族連れが。
 
 
2010_3_22_nagoyashoku_4.JPG
 
愛知県味噌溜醤油工業協同組合のコーナーでは、
半田の中利株式会社さんもいらっしゃいました。
 
中利さんは100年以上続く老舗の味噌屋さんで、当社のお客様でもあります。
 
 
 
2010_3_22_nagoyashoku_6.JPG
 
なごやパエリア1,000人鍋。
 
2010_3_22_nagoyashoku_7.JPG
 
本場スペインの国際パエリアコンクールで3年連続優勝の村田シェフが、愛知の食材や調味料を使った巨大なごやパエリアを作っている。
 
 
2010_3_22_nagoyashoku_8.JPG
 
乾物で作った名古屋城。
 

2010_3_22_nagoyashoku_9.JPG
 
 
私が会場をあとにする正午近くには、
お昼時も手伝ってか入場制限がかかり、長蛇の列が出来ていました。
 
 

投稿者 中村 憲広 : 15:42 | コメント (0) | トラックバック

2010年03月23日

卒業おめでとう

昨日、母校である名古屋外国語大学の卒業パーティーに出席。
 
(会場はヒルトン名古屋
 
 
同窓会会長として、
卒業生の皆さんにお祝いの言葉を述べてきました。
 
 
 
2010_3_22_nufs_1.JPG
 
 
今年の卒業生は、私が卒業した00年と同じ就職氷河期、
もしくはそれ以上と言われる経済不況の中での就職活動だったと思いますが、
90%以上の内定があったということでした。
 
100%ではないにせよ、数字が高いことは良かった。
 
 
 
厳しい時代が、いつの時も人間を強く逞しくするもの。
 
 
後輩達の今後の活躍が楽しみです。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 22:10 | コメント (0) | トラックバック

2010年03月23日

わぁ~い、おいらの大好きな先生!

3月20日の土曜日。
 
 
私の小学6年を担任して頂いた近藤ひろ子先生が、
 
『お話とピアノのつどい~教室ルポ「ワァ~イ おいらの先生!」より』
 
というお話とピアノの集いを、
(会場は先生が教鞭をとられている常滑市立鬼崎北小学校の体育館)
企画をされました。
 
 
 
先生から案内状を頂き、お話を聞きに行って来ました。
 
 
 
2010_3_20_k_1.JPG
 
 
 
舞台に立つ先生は、
当時と少しも変わらない姿で詩の朗読をされていました。
 
 
 
2010_3_20_k_2.JPG
 
 
 

近藤先生は本当に素晴らしい先生。
 
それは、今も変わらないんだなぁ、というのがひしひしと伝わってきました。
 
 
 
こんなにたくさんの方に来ていただき、PTA有志のお母さん方にバックアップされ、
先生のルポの朗読からは、子供への愛情が伝わってきます。 
 
 
 
 
涙が溢れてきます。
 
 
 
 
今、あの当時を思い返してみても、
 
何かが出来て褒めて頂いたり、
 
やってはいけないことをしてしまい、怒って頂いたことなど
 
とても嬉しい思い出、それもキラキラな思い出ばかりです。
 
 
 
 
先生に担任して頂いて、本当に幸運だったと思います。
 
 
 
こんな素晴らしい先生が担任だったら、
学級崩壊なんか起こらないんだろうけど。
 
 
 
この日は先生の誕生日で、先生もあと一年で退職。
長い間お疲れ様です。
 
 
 
 
また先生とお話ししたいです。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 20:51 | コメント (0) | トラックバック

2010年03月16日

ジュエリーショップ 『アイビス』 オープン

メモリードットネット内に、ジュエリーショップがオープンしました。
 
 
 
宝飾・アクセサリーを販売する memoly.net (メモリードットネット)の新ブランド
 
 
その名も、
 
 
『 -ibis- 』 アイビス
 
 
アイビスのウェブサイトはこちらから
 
 
 
取り扱う商品は、CRESCENT VERT(クレサンベール)。
 
不純物が少なく、天然宝石ではめったに見ることのできない再結晶の宝石ならではの、高い透明度と、ピュアな輝きが特徴です。
 
 
 
 
 
再結晶宝石とは・・・・・・

天然宝石は、その成分となる物質が地球内部のマグマで溶かされ、
何億年という長い歳月を経て結晶したものです。
 
その状態を京セラが独自に持つ技術力で再現することによって生み出されたのが再結晶宝石です。
 
その成分や石の特徴は天然宝石と比較してほとんど違いがありません。
 
 
 
 
ibis_2010_3_16.bmp
 
 
 
このアイビス、まだまだ商品点数が少ないですが、
これから点数を増やしていく予定。
 
 
セラミックで出来たピアスや、
セラミック技術を応用した再結晶宝石など京セラにしか出来ない商品で魅力あるサイト作りをしていきます。
 
セラミックのピアスは、ポスト部がセラミックでできているので、
金属アレルギーの方にも比較的安心してご使用いただけます。
 
 
(※セラミックピアスは、全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません。)
 
 
 
大事な人への贈り物、
 
アイビスも選択肢の一つにしてみて下さい。
 
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 17:34 | コメント (0) | トラックバック

2010年03月01日

健康管理も仕事のうち

メモリーメンバーの心の指針、『社員心得帖』。
 
 
その中の一つに項目に
 
 
“健康管理も仕事のうち”
 
 
というのがある。
 
 
そこには・・・・
 
 
 
 
会社生活をしていく上で、何といっても大切なのは、健康、
それも心身ともの健康です。
いかにすぐれた才能があっても、健康を損ねてしまっては、十分な仕事もできず、
その才能も生かされないまま終わってしまいます。
 
 
/////////一部省略
 
 
心がおどっていると、人間は少々のことでは疲れたり、病気したりしないものです。
趣味やスポーツなどでよく経験することですが、
それに熱中し、楽しんでいるときは、
他人から見ればずいぶん疲れるだろうと思われる場合でも、
本人はむしろ爽快さを覚えていることがあります。
 
心がおどっているから疲れない。
あるいは疲れても、それを疲れと感じないわけです。
 
仕事の場合もそれと同じことで、
仕事に命をかけるというほどに熱意をもって打ち込んでいる人は、
少々忙しくても、ときに徹夜などをしても、そう疲れもせず、病気もしません。
 
 
反対に、なんとなく面白くないというような気分で仕事をしていると、
その心のすきに病気が入り込んでくる。そんなことをよく見聞きします。
 
 
もちろん人間の体力には、やはり限度があります。
いくら心がおどって疲れを知らないという人でも、
あまり度を過ごせば、過労に陥ることにもなりかねませんから、
そのへんの注意は当然必要でしょう。
 
 
いずれにしても、自分の健康管理も仕事のうちということを考え、
心をおどらせて仕事に取り組むことを基本にしつつ、
人それぞれのやり方で健康を大切にしていってほしいと思います。
 
 
 

とあります。
 
 
 
2月下旬は体調を崩してしまい、
本来あるべきベストな状態で仕事に取り組むことが出来なかった。
 
 
普段から体力づくりに取り組んでいるが、
自分の体力に過信しすぎてしまい、
体力にものを言わせて睡眠時間を殆んどとらずに仕事をこなしていた。
 
 
忙しさにかまけていたのか、自分の限界を認識できていないのか、
どちらにせよ大人として、社会人として、会社の代表として
まだまだ未熟な自分を思い知らされました。
 
 
結局回復するまでに、2週間も要してしまいました。
(まだ喉の調子は万全とまではいきませんが。)
 
 
 
 
楽しみにしていた友人の結婚式には、
お酒も飲めず。
 
稼働日数の少ない2月に、
ベストなパフォーマンスが出来る状態で仕事に臨めず。
 
 
 
 
 
3月度は年度末の節目の時期です。
 

今一度、気持ちを新たに
仕事に臨む姿勢を高めていきたいと思います。
 
 

投稿者 中村 憲広 : 14:20 | コメント (4) | トラックバック

2010年03月01日

うえちん、おめでとう!

先日、高校野球部時代からの友人の結婚式に出席してきました。
 
 
高校卒業後も、折にふれ一緒に飲んだりする友人です。
 

2010_2_10_ueto_3.JPG
 
 
とても綺麗な結婚式でした。
 
 
新郎入場で友人が緊張しすぎて、
手足一緒に行進する姿が今でも思い出され、
笑いが込み上げてきます(笑)
 
 
2010_2_10_ueto_1.JPG
 
披露宴の席。
新郎と高校時代の友人たちと。
 
 
2010_2_10_ueto_2.JPG
 
 
2次会。
新郎と高校時代のクラスメートと一緒に。
 
 
 
うえちん、おめでとう!!
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 13:33 | コメント (2) | トラックバック


PR:京セラドキュメントソリューションズ.com
PR:京セラドキュメントソリューションズジャパン.net
PR : 中古コピー機 名古屋