2009年04月23日

マイケル と ディーン  2人のオーストラリア人

 
 
 
 
 
260キロ。
 
 
 
 
 
 
 
この数字、体重である。
 
 
 
我が家にホームステイしている
マイケルとディーン。
 
 
二人合わせての体重。
 
 
 
我が家での滞在は、、本日で7日目。
昨日は、少し早めのお別れ会を催した。
 
 
2009_4_23_M&D.JPG
 
 
 
子供が来ると思っていたのだが、
大の大人がそれも普通よりも大きめサイズの大人が2名やってきた。
 
 
当初はビックリ(子供を予想⇒大人。普通サイズ⇒特別ラージサイズ。)
していたのだが、お互いにだんだん慣れてきたのか、今となっては子供よりも大人でよかったと思っています。
 
 
彼らは今晩半田市開催のフェアウェルパーティに参加します。
私は残念ながら、今から大阪出張で参加できません。
 
 
 
『日本の兄弟』と私を呼ぶ彼らがいなくなるのが、
今からもう寂しい気がします。
 
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 10:35 | コメント (2) | トラックバック

2009年04月21日

酒蔵巡り

週末を利用して1泊で、
高山に酒蔵巡りに行って来ました。
 
 
高山には7つの酒蔵があり、
それぞれが美味しく、色々な味を楽しませてくれます。
 
 
それぞれの酒蔵はとても近く、
歩いて回れるのでその蔵ごとで飲み比べを楽しみました。
 
 
 
2009_4_18_takayama2.JPG
 
 
写真は、十年古酒。色も薄い黄金色。
味わいは、ものすごく芳醇。
 
 
 
最近は、アルコールの種類は増えたのですが、
日本酒を飲む人が少なくなりました。
それにも増してアルコールを飲む機会も減り、
造り酒屋さんには厳しい時勢になりました。
 
 
20代の方達には、アルコールを飲まない、飲めない人も増えたんではないでしょうか。
 
 
『ノミュニケーション』という造語も死語になりつつある?!
 
 
 
 
 
2009_4_18_takayama3.JPG
 
 
 
風情を楽しみながら飲む日本酒は、味もさることながら大人な気分に浸れます。
(もう年齢的には十分大人か?!)
 
 
 
 
2009_4_18_takayama4.JPG
 
 
 
このたれ目になった顔は、
ほろ酔い気分を通り越しているかもしれません。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 18:17 | コメント (2) | トラックバック

2009年04月20日

勉強会

本日は夕方より、新商品群の勉強会を行った。
 
 
2009_4_20_benkyoukai.JPG
 
 
市場が冷え込む中、お客様のニーズやウォンツに敏感に。
 
 
地道な取り組みや新しい取り組みが、業績アップには必要不可欠なのではないでしょうか。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 20:27 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月17日

ヘイスティング・コアラズ・オーケストラのホストファミリー

私が住んでいる東浦町の隣町半田市は、
オーストラリアのポートマッコーリーと姉妹都市提携をしている。
 
 
 
 
私も高校の頃、半田市の高校に通っていた縁もあり、国際交プログラムを通して、初めてポートマッコーリーを訪問し、ホストファミリー宅にホームステイした。
 
 
その頃出会ったオーストラリアの友人とは、今でも交流が続いている。
 
誕生日には電話が掛かってきたり、プレゼントが届いたりする。
 
 
 
 
大学時代には2度目のポートマッコーリー訪問を果たし、
その後、社会人になってからは、両親を連れてオーストラリアへ旅行に行った。
その時は、友人が各地を案内してくれた。
 
その友人は、日本での留学や(他県ではあるが)市役所に国際交流員として勤務したりもした。
 
母親や姉弟が訪日したりと、15年以上の交流が今なお続いている。
 
 
 
 
私が外国語大学を目指したのも、学生時代に将来は海外で働きたいと考えたのも、海外放浪?をしたのも、きっかけはこの高校時代にオーストラリアに行ったことが大きいと思う。
 
 
 
 
 
今日からヘイスティング・コアラズ・オーケストラが半田市にやってくる。
 
半田国際交流協会を通してホストファミリー受入れの案内があり、今回受入れを希望した。
 
 
 
今回の受入れでそういった人間関係を築くというよりも(ハートフルな交流が生まれればまた幸せなことですが)、国際交流を通して社会に貢献しようというのが中村家での総意となった。
 
 
 
 
 
そんなことから2名のオーストラリアの方が
本日から1週間、我が家に滞在します。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 09:24 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月12日

名古屋グランパス対浦和レッズ

今、豊田スタジアムに来ています。
 
 
 
Jリーグ、名古屋グランパス対浦和レッズ戦。
 
 
 
4時試合開始です。
 
 
ウエストメインの前から2列目です。
選手ベンチの後ろでフィールド゛すぐ近く。
 
 
臨場感あり過ぎで、かなりヤバいです!
 
 
 
 
 
 
2009_4_12_toyota1.JPG
 
 
2009_4_12_toyota2.JPG
 
 
2009_4_12_toyota3.JPG
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 15:29 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月10日

真のリーダーの考え方 京セラミタ株式会社 関相談役

昨日、東海青年会議所 4月例会において、
 
 
『自己研鑽!! 真のリーダーの考え方』
 
 
のテーマにおいて、
京セラミタ株式会社 相談役関浩二氏を講師にお招きして
 
 
 
 
2009_4_09_sekisoudanyaku_2.JPG
 
 
相談役が、10年京セラミタに携わった軌跡を、
三田工業の倒産から、京セラミタのV字回復に至るまでの苦難の道のりを、リーダーとしての考え方、視点、ぶれない想いからご自分の経験をもとにご講演いただきました。
 
 
 
2009_4_09_sekisoudanyaku_3.JPG
 
 
実績に裏づけされた経験談は、相談役自身から滲み出るエネルギーとパワーとオーラにメンバーは圧倒され、全員から感動を呼びやる気を起こさせる話だったと思う。
 
 
 
 
「ものすごいためになり、実際の自分の経営に置き換えて話を聞くことができた。」
 
「話に引き込まれ、聞いている時間が短く感じた。」
 
「今まで聞いた講演の中で最高の講演だった。」
 
 
 
などの賞賛をたくさん頂きました。
 
 
 
 
私達が運営する委員会は、青年会議所の中でもその名前【自己研鑽実践委員会】が示すとおりの委員会であり、メンバーの資質向上を目的として活動をしている。
 
 
 
関相談役にお越し頂き、“リーダーのぶれない想い”を青年会議所のメンバー 一人一人がより深めることが出来たと思います。
 
 
 
相談役、お忙しい中にもかかわらず東海市の地までお越し頂きまして、ありがとうございます。
 
この場を借りてお礼申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
2009_4_09_sekisoudanyaku_1.JPG
 
 
講演までの待ち時間。
 
東海市聚楽園の大仏・満開の桜をバックに、
関相談役と一緒に。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 17:40 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月08日

京セラミタ関相談役講演会リハーサル

明日は京セラミタ関相談役が、東海青年会議所の4月例会にてご講演されます。

今、明日に向けてのリハーサル中です。

携帯からアップしてます。


写真のアップの仕方がわからないので、明日写真アップします。

090408_2103~01.jpg


投稿者 中村 憲広 : 21:03 | コメント (2) | トラックバック

2009年04月07日

面接

今週、来週の予定。
 
 
(本日もそうでしたが)
ほぼ毎日というくらい採用面接が続いています。
 
 
 
けっこう体力勝負です。
 
 
メモリーにとっていい人材をしっかり見極めていきたい。
 
 
1次試験、2次試験とありますが、
通過した人もそうでない人も能力的には変わらなく素晴らしいものを皆さん持ってらっしゃると思います。
 
 
ただ、当社にとっての“志”の部分がマッチするかどうかと言うところで選んでいます。
 
お互いにミスマッチは避けたいものですからね。
 
 
 
学生さんの“全力”にお応えできるよう、私も全力で臨みます。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 20:45 | コメント (0) | トラックバック

2009年04月01日

入社式

09年度生の入社式を先日28日執り行いました。
 
 
新事務所での、初めての入社式。
 
 
自社社屋で式ができるということに、
新入社員以上に格別な想いがあります。
 
 
2009_3_28_nyushashiki_1.JPG
 
 
今年度の新入社員は2名。
 
 
新入社員は、会社説明会から始まり、面接、内定者懇親会などを経て1年をかけ入社してきます。
やはりそういった経緯があるので、新入社員に対する想いもひとしおです。
 
 
 
新卒者は入社を決意するのに、結婚をするのと同じくらいの覚悟をしていると思っています。もちろん、私もそれ以上の覚悟をしていますが。
 
大家族主義的な経営方針を採っているので、社員が増えれば即ち、家族が増える気分です。
 
 
 
世の中の経済が不安要素を多分に抱えた状況の中で、
社会人生活一年目を迎える彼らはある意味大変ですが、
厳しい中でこそ能力を伸ばすチャンスだと捉えれば自分自身を早く成長させることができるよい機会だとも思えます。
 
 
私も今年で大学を卒業し、10年目を迎えました。
(メモリーは11期目を迎えます。)
 
 
私の世代も彼らと同じように、卒業を迎えるころにはバブルが弾けた名残の中でどん底の不況を味わっていました。
就職先は、ほとんどない状態だったと記憶しています。
 
 
今、この立場になって彼らと同じような視線で考えられるかどうかは別として、あの時代を経験することにより、逆境をチャンスに変えられると信じる力が身につきました。
 
 
 
彼らにも逆境をものともしない不屈の精神を育んで欲しい。
彼らがそのような環境の中で成長し、強くなれば、会社もまた一段と成長することでしょう。
 
 
 
 
新入社員二人の入社式を迎え、私自身もまた心を新たに経営に取り組んでいきたいと思いました。
 
 
 
 
 
橋野君、橋本君、
 
おめでとう!!!!!
 
 
 
 
 
(ダブル ハッシーズ誕生!?)
 
 
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 08:23 | コメント (0) | トラックバック


PR:京セラドキュメントソリューションズ.com
PR:京セラドキュメントソリューションズジャパン.net
PR : 中古コピー機 名古屋