2008年05月25日

スカラーシップ

今年から母校の同窓会会長を務めることとなった。
 
その同窓会は、在校生に援助するスカラーシップという制度を
設けている。いわゆる奨学金制度。
 
 
金曜日の午後から、スカラーシップに応募のあった数人の在校生に面談を行ってきた。
去年の反省点を含めて今年は、
選考の段階から選考する側として選考基準を改善し、
選考選抜後、面談という形式をとった。
 
 
 
こういうスカラーシップというのは、選考するのは難しいものだが、
会費を使って行われる以上、一定の指針を決めて行われなければと思っている。
 
『学生自身の想い』
 
どのくらい、何を成し遂げたいという想いが強いかどうかを選考の基準にした。
(その他にもいくつかありますが・・・)
 
 
 
面談途中に、
 
自転車で日本を回り日本の文化を学びたいんだと話しているうちに、自分の想いが込み上がりすぎて涙ぐむ学生や、
 
世界に出て、ボランティアをしたいというものの日本(身近なところ)ではボランティア活動を行っていない学生、
 
留学したいんだけど、親にお金を出してもらうのは気が引けるが、後で返さないといけない奨学金をもらって後で返すのは嫌だから同窓会の奨学金をもらいたい。(同窓会の奨学金は返納不要)
 

などなど、その他にもいろんなタイプの学生が面談に来ました。
 
 
成し遂げたいという想いの強い学生数人が選抜されました。
 
 
 
同窓会のスカラーシップが、希望あふれる学生の夢に少しでも役立てることは
とても素晴らしいこと。
 
 
そんな同窓会運営に携われることを、うれしく思う。
 
 

投稿者 中村 憲広 : 10:43 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月22日

宇連山

 
 
  uramemoly.jpg
 
 

投稿者 中村 憲広 : 08:45 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月21日

第14回 工事打合せ

本日、午後より第14回目の打合せ。
 
次回が最終打合せ?といったところまで
進んできました。
 
 
 
 
 
 
 
 
2008_5_21_kouji1.JPG
 
真っ赤な色。
 
 
情熱を表すメモリーカラーの赤。
 
 
 
 
 
2008_5_21_kouji4.JPG
 
1階の壁、1枚まるごと赤。
 
全体は白で統一し、入り口の赤と同じ色でこの壁の色は統一。
 
入り口を入ると、この壁の赤が目に飛び込んでくる。
 
 
2008_5_21_kouji3.JPG
 

全体が出来上がると、もっと目を惹くんだろうな。
 
 
 
 
 
2008_5_21_kouji2.JPG
 
1階吹き抜け部分の梁のクロス張り。
 
天井は高く設計されているので、クロス張りも大変そう。
 
 
 
2008_5_21_kouji6.JPG
 
2階事務所も壁のクロス張りが終わり、
床のカーペットを敷くのを待つばかり。
 
 
 
2008_5_21_kouji8.JPG
 
建築士が触っている壁から出ている2本の棒は、
神棚を置くための棒。
板をこの2本の棒に差込み綺麗に収納する。
見栄えがいい。
 
 
 
 
これ以外でもデザイン面、意匠面でかなりのこだわりが随所に見られる。
 
設計段階から全ての事にこだわって、建築士と一緒に決めただけあって、
仕事の効率も上がりそう。
 
 
 
 
 
(何を隠そう僕も建築士なんです。)
 
 
 
快適だし。
 
 
今より広いし。
 
 
一箇所に集約されるし。
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、
 
 
ガレージ的な雰囲気はなくなるけど・・・・・・。
 
 
 
 
 

2008_5_21_kouji7.JPG
 
駐車場や外構の工事はこれから。
 
 
 
また報告します。
 
 
 

 

投稿者 中村 憲広 : 20:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月20日

とんがり会

先週の金曜日。
今年4月から入社の新卒くんたちと“とんがり会”。
 
説田君と竹内君の2名。
 
 
 
とんがり会は、入社したての新入社員とのコミュニケーションの場。
 
 
 
いわゆる 『ノミュニケーション』。
 
 
 
 
今年度は、事務所の件もあり4月からバタバタしていてとんがり会がやれずじまい。
 
 
今回が、今年度初のとんがり会になった。
 
 
 
場所は、私の大好きな東海市にある“豚しゃぶ とんべぇ”。
ここの豚しゃぶがとても美味しい。
 
 
 
とんがり会の意義は今後益々大きくなっていくと思う。
会社のトップとして、早い段階で新入社員に会社の考えかたを注入していかなければならないから。
 
人数が増えてくるに伴って、今までは仕事をしながら私と一緒に共有する時間が、今までのメンバーにはあったのだが、先輩社員に同行する彼らには私と一緒に時間を共有する事が、どうしても薄くなってきてしまう。
 
そんな中でも、トップの考えや会社の方針をいち早く理解しもらうことが、とんがり会という会によって否応無くできる。
 
 
 
 
今年の新入社員はとても素直。
言われたことを、きちんとこなす。
 
 
 
今年度入社の彼らは(いつ入社してもだが)早い段階での戦力化(早期戦力化)が求められている。
他のメンバーによって、早期戦力化が促され、本人たちもヤル気。
私としては、とてもありがたいし、彼らのがんばりに期待している。
 
 
 
とんがり会で彼らが言っていた。
 
 
「自分たちはちょうど、いいときに入社する事ができた。
“ガレージから始まった世界的企業を創る”のガレージ部分をギリギリ味わえるから。」
 
「このガレージみたいな(実際はガレージではないのだが)事務所も、とっても居心地がいいんですよね。新しい事務所もいいですけど、今の事務所もなんだか捨てがたい。」
 
 
 
いろんな話で盛り上がったとんがり会は、とても有意義だった。
 
 
 
 
 
彼らも “トンガリスト” の素質があるかも。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 21:16 | コメント (5) | トラックバック

2008年05月14日

熊野古道

こんにちは。中村です。
 
GWは、みなさんはどのように過ごされましたか?
 
 
私は、
 
『世界遺産 熊野古道』
 
に行ってまいりました。
 
多くの人が踏みしめたいにしえの道。
 
 
自分の足で歩いてみたくなり、
いわゆる熊野古道と呼ばれる参拝道をひたすら歩いてきました。
 
 
4日間で延べ約65キロの山道を自分の足で歩きました。
 
 
 
自然、悠久の歴史、人々の想いを五感で感じることができ、
素晴らしい旅だったと思います。
 

 “伊勢に七度、熊野に三度、
   お多賀様へは月参り”
 
 
庶民が旅に目覚めた江戸時代当時の俗謡にもありますが、
伊勢参りに続いて熊野詣へと足を伸ばす旅行は、
特に江戸など東国に住む人たちにとって、足順のより旅程であったようです。
 
 
熊野古道には大きく分けて、
 
●熊野参詣道伊勢路
●大峯奥駈道
●熊野参詣道小辺路
●熊野参詣道中辺路
●熊野参詣道大辺路
●高野山町石道
●紀伊路
 
 
とあります。
 
 
今回の旅で幾つかのルートを通りました。
どれをとってもよいルートでした。
 
 
 
 
 
5月2日(雨)
●中辺路
 
歩行距離 9.5キロ
 
 
 
大門坂入り口を越えると振ヶ瀬橋。
この手前の二の瀬橋で水垢離をすませた巡礼は、
いよいよここから那智山の霊域。
 
 
2008_5_2_kodou1.JPG
 
熊野那智大社へと続く大門坂の夫婦杉。
 
初日から雨に降られレインコートを着て歩くことに。
 
 
多富気王子を越え大門坂を歩く。
 
 
2008_5_2_kodou2.JPG
 
山道を登りつくと、
熊野那智大社の赤門がそびえ立ち。
 
世界遺産の文字が目に飛び込む。
 
 
2008_5_2_kodou3.JPG
 
雨の那智大社もまた乙なもんだ、と気持ちを切換えると
レインコートを着ての山歩きもまた楽しくなってくる。
 
(なんてポジティブなんだ!)
 
熊野那智大社は熊野三山の一つで、縁結びの神。
467段の石段を登りつめた那智大滝を臨む高台にある。
 
 
2008_5_2_kodou4.JPG
 
那智山青岸渡寺。
江戸時代に観音信仰が盛んになった西国三十三所巡札の第一番札所。
 
現在の本堂は豊臣秀吉が1590年に再建したもので、
熊野古道沿いに現存する最古の建物。
 
 
2008_5_2_kodou5.JPG
 
那智の滝が遠くに見える。
何だか、感動!!
 
 
2008_5_2_kodou6.JPG
 
那智の滝の落差133メートルは日本一。
滝自体が那智大社の別宮・飛瀧神社の御神体。
 
滝のすぐそばにあるお滝拝所から滝が間近に見られる。
 
間近で見る滝の迫力はスゴイ。
さすが、太古から御神体と敬われた崇高さ漂う名瀑!
 
 
 
 
長寿の水が飲める。
(杯で二杯も飲んだけど、効果は同じなんだろうなぁ。)
 
水しぶきを浴びるだけでも長生きされると言われている。
 
 
 
こんな感じで、熊野古道の一日目が終わりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2008年 熊野古道巡礼
 
2009年熊野古道巡礼①
 
2009年熊野古道巡礼②
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 19:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月13日

5月13日 工事打合せ

定例の水曜打合せを変更で本日、工事の打合せ。
 
 
いよいよ急ピッチで進んできた。
業務の合間を縫って工事の進捗状況の確認と打合せ。
 
忙しいのはあるけれども、これがけっこう楽しい。
少しずつ形になっていくから。
 
 
2008_5_13_kouji2.JPG
 
定例では午後からの打合せが、本日は午前から。
 
本日は朝から足場撤去が行われている。
 
 
2008_5_13_kouji3.JPG
 
現場事務所も撤去され、打合せは1階のスペースを利用して進めた。
 
 
2008_5_13_kouji6.JPG
 
1階の入り口方面を眺める。
入り口部分が吹き抜けの為、建物内にはまだ足場が掛かっている。
建物内足場撤去はまだ数日先になる。
 
 
2008_5_13_kouji4.JPG
 
1階倉庫搬入口を望む。
 
 
2008_5_13_kouji1.JPG
 
2階工事の様子。
床材が組まれ、壁断熱材の工事。
ロックウールを丁寧に詰めていく。
 
 
2008_5_13_kouji5.JPG
 
打合せをしている間にみるみる足場が撤去され、
午前が終わる頃には、このとおり完了。
 
はやい!! はやい!!
 
手際がいい。
職人さんの動きを見てるだけで気持ちがいい。
 
ぱっぱっぱっと、足場が解体されていくさまは、無声映画をみてるみたい。
 
 
2008_5_13_kouji8.JPG
 
入り口は、メモリーカラーの赤。
 
情熱の赤。
 
 
2008_5_13_kouji9.JPG
 
シルバーのファサードに白の外壁。
 
入り口の赤い色が際立つ。
 
  
これから内装工事と乗り入れ工事、
外構工事が順次続いていく。
 
 
また報告致します。
 
 

投稿者 中村 憲広 : 19:50 | コメント (2) | トラックバック

2008年05月10日

勝守 八咫烏(やたがらす)

 
 
  uramemoly.jpg
 
 

投稿者 中村 憲広 : 12:04 | コメント (0) | トラックバック

2008年05月07日

工事打合せ

本日、午後より工事の打合せ。
 
連休が明け、工事もいよいよ本格的になってきた感が。
 
私のブログも少しお休み気味でしたので、そろそろ本格稼動?
 
 
さてさて、事務所の形もだんだんと目に見えるようになってきて、
ワクワク感がつのってきます。
 
 
2008_5_7_kouji1.JPG
 
1階工事の様子。
 
 
2008_5_7_kouji2.JPG
 
2階工事の様子。
 
 
2008_5_7_kouji3.JPG
 
2階外壁部分のガルバ鋼板。
まだまだ張りかけ。作業の途中。
 
 
2008_5_7_kouji4.JPG
 
事務所全景。
 
 
 
今月には工事も目処がついてくる。
6月が楽しみだ。
 
 

投稿者 中村 憲広 : 22:53 | コメント (0) | トラックバック


PR:京セラドキュメントソリューションズ.com
PR:京セラドキュメントソリューションズジャパン.net
PR : 中古コピー機 名古屋