2007年06月30日

“ORIHIRO” と “のりしろ” の 不思議な関係

今日は、金曜日。
(時計は、深夜を回り日付は変わりましたが、私の気分は金曜日♪)
 
 
ひさびさのブログ更新。
 
 
すいません。
 
若干酔っ払っています。
 
 
ほろ酔い気分のまま自宅のパソコンにてブログ更新。
 
 
 
仕事を終え、今日は2本目のビール。
夕食食べずのビールは酔いが回ります。
 
 
ビールを飲みながら、テレビ。
 
 
 
 
 
 
 
GABAの豆乳のCMが流れている。
 
 
 
 
「今、はやりのアミノ酸GABAを使った豆乳か~」
 
 
 
 
と思いながら見入っていると。
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
GABA豆乳の会社の名前が!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふと、気にかかる。
 
 
 
 
おおいに気にかかる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ORIHIRO とある。
 
 
 
つづりが見たことあるような。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう。
 
 
 
私の名前とニアピンだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
NORIHIRO と ORIHIRO
 
 
 
 
 
 
のりひろ と のりしろ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みたいな感じ。
 
オリヒロ株式会社さんの社名の由来は、社長の名前が由来なのかな?と
ウェブを拝見して思いました。違ったら、ごめんなさい。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子供の時、封筒に糊を塗るときに、なんだかワクワク、うれしくなったような。
 
 
 
あんな感じに似ている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みなさんもそんな感覚になったことって、ありませんか?
 
 

投稿者 中村 憲広 : 01:08 | コメント (4) | トラックバック

2007年06月18日

西伊豆 土肥温泉

6月15日・16日と強行軍で西伊豆の土肥温泉へ行ってきた。
 
 
15日は、朝7時集合での一日。
その週は忙しかったせいもあって、思い切ってスケジュールを調整。
14日の夕方に西伊豆行きを決定した。
 
 
7時からのバスの中では、 「プシュッ」 と缶ビールを抜く音も聞こえてくる。
たくさんの方とご縁を頂いた。
 
 
デスティネーションは、西伊豆最大の温泉地である『土肥温泉』。
 
桂川シーサイドホテル
 
 
 
途中、
 
柿田川湧水群で日本の名水100選を見学。
清水町由比の玉鉾で桜海老を食し。
 
 
4時ごろ、ホテルへ。
 
 
梅雨とは、思えないほどの好天に恵まれた。
 
 
2007_15_june_toi2.JPG
 
 
きれいな青い海と青い空。
 
癒される。
 
 
2007_15_june_toi4.JPG
 
 
山の向こうに富士山の頂が見える。
 
 
 
 
16日は、私は用事があり一人で土肥温泉を後にした。
5時半起きで、温泉に入り7時50分のバスから、新幹線、名鉄、タクシーと乗り継ぎ
4時間かけて目的地へ。
 
 
2日間の強行軍も良い気分転換になりました。
 
 

投稿者 中村 憲広 : 14:11 | コメント (0) | トラックバック

2007年06月08日

スローン・コンセプト 組織で闘う 「会社というシステム」を築いたリーダーシップ

 
 
アルフレッド・P・スローンJr。
 
 
あの快進撃のトヨタの生産台数が、
今年の見込みでやっと抜くことができるであろうGM(ゼネラルモーターズ)。
 
 
 
 
トヨタが追いかけ続けた巨人、GMの基礎を作った人物がスローン。
 
 
 
基礎というよりも、現在ある会社・組織としてのシステムを築いた。
 
 
 
今我々が経営や組織や広告活動などのほぼすべてにおいてのコンセプトを
作り出したりしてきた。まさに経営イノベーションの先駆者。
 
 
 
 
 
 
2007_19_may_book.JPG
 
 
 
 
 
スローン以前の会社は経営とは呼べなく、
スローン以降を組織またはシステムと呼んでも過言ではない。
 
 
 
 
 
スローンの経営システムひとことで表すなら、一元化された権限(企業全体としての方向性の整合)と効果的な分権(各部門の自律度・自由度の確保)の両立にある。
 
すなわち一人の天才経営者が全てを把握するのではなく、それぞれの部門が、主体的に自らが対峙するマーケットで勝つ為の道筋を描く事。各部門が全体として一貫性を保つように、バランスをとること。
 
スローンはこれを、徹底した議論のうえに進むべき方向性を自らが打ち出し、適材適所に配した有能な部下に実行をゆだねる事で達成していった。
 
 
 
 
 
 
これ、スローンのコンセプト、私が目指す会社像である。
 
 
 
スローンに率いられたGMは、“ビジョナリー・カンパニー”そのものである。
 
あのGEのジャック・ウェルチもスローンのコンセプトに多大な影響を受けている。
 
 
 
 
 
 
ぐいぐい引き込まれ、あっという間に読破。
久しぶりに良書に出会えました。
 
 
 
実は、スローンの伝記「GMとともに」が読めずに積まれているのだが(もうかれこれ2年近く)、
この機会に読んでみようと思う。
 
 
 
かなり分厚い本なんだよなぁ、これが・・・・・・。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 13:32 | コメント (1) | トラックバック

2007年06月05日

M R I

先週、MRI(エムアールアイ)を受けてきました。
 
 
 
 
初めての経験。
 
なんだか、わくわく感いっぱい。
 
 
 
  
 
2007_2_june_mri.JPG
 
 
 
 
 
以前から、首と肩の痛みが激しく
整形外科や接骨院に通ってはいたのですが
一旦は良くなるのですが、また痛み出してくるといった感じ。
 
 
痛みというよりは、むしろ凝ってるような。
コリが激しくなって、痛くなるといった表現が適切。
 
 
ひどい時は、頭痛が激しくもどす事も。
 
かなり悩みの種。
 
特に忙しくなってくると、また一段と酷くなるといった具合だから
これまた困る。
 
 
なので、本格的にMRIとレントゲンでしっかりと確認をしておこうと。
 
 
 
 
脊髄の専門科の先生に診てもらったのですが、
結局は特に限定した原因は無いらしく
リハビリ等で治していくことに。
 
 
 
同じ姿勢を長くとらずに時折、
体を動かして休憩を挟んだりすることがコリを予防する。
 
(筋肉をほぐす薬ももらいました。)
 
 
 
 
 
 
地道にね・・・・・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
(S君いろいろありがとう!感謝!!)
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 08:07 | コメント (2) | トラックバック

2007年06月03日

出港式  【 第34回JC 青年の船 とうかい号 】

スタッフの北村君の晴れ舞台。
 
6月2日名古屋港へ、社員とともに見送りに行ってきました。
 
 
 
 
2007年度の『第34回JC青年の船「とうかい号」の出港式。
 
洋上研修7日間の船旅。
 
 
 
 
カスタマーサポート部門の中核をなしてきた北村君
更なる成長を望んで、今回参加をさせた。
 
 
まぁ、時にはこんな変なヤツだけど・・・・・・・・・(笑)
 
(今回も前日にサッパリして行こうということで、コンタクトを付けずに刃を装着したら3mmだったらしく、
つるんつるんに。えらく気合の入った髪形になったけど。本人は意図してわけではない。)
 
 
 
またその中核が一週間居ないサポート部門がどれだけ
他のスタッフを中心としてまわしていけれるのかを問うよい期間になればと思っている。
 
 
 
カスタマーサポートは当社のカナメ。
 
 
 
もっともっと成長して欲しいし、もっともっと成長できる可能性を秘めている。
 
再来週からは、サポート部門に新たにスタッフが加入。
新しい仲間が増える。
どんどん高みへと成長していってもらいたい。
 
 
 
 
2007_2_june_fune1.JPG
 
 
 
とうかい号の目的は・・・・・・
 
それぞれの地域において将来を担う青年が地域社会・国際社会において今の時代に何をしていけばいいのか、そして何が出来るのか。
第34回JC青年の船「とうかい号」は日常では経験し難い洋上という限られた空間でのプログラムを通じ、相互の連帯を深めるとともに国際的視野を広め、郷土発展の為に努力する気付きと団体生活を通じて「人と人との繋がり」の重要性を再認識し地域社会・国際社会の中で活躍できる青年の育成を行います。(とうかい号公式ホームページより抜粋
 
 
 
とうかい号の基本方針は・・・・・・
 
あなたは自分の故郷が好きですか・・
あなたは自分の暮らしている町がすきですか・・
便利さばかりを追求し、隣人との付き合いや互いを思いあう気持ちが希薄になってきている今の時代が本当に明るい豊かな日本の姿でしょうか・・
多様な文化の中で生活をしている我々は決して一人では生きていくことが出来ません。
文明だけの発展ではなく本当の意味で豊かな地域社会を創っていく為に今、必要とされているのは「人と人との繋がり」を通じて相手のことを思いやる「OMOIYARI」の気持です。
 
第34回JC青年の船「とうかい号」は8日間という団体生活を通じ、より多くの人と繋がりを持ち共感することで自分を見つめ直し、新しい自分を発見出来るような船を皆さんと一緒に創り上げてまいります。
そして団員同士が直にふれあい、共感し、助け合う事でより深い絆を生み出し、その絆を礎に将来それぞれの地域において自らが可能にする「まちづくり・ひとづくり」に深く関われる気付きを持ち帰っていただける船を目指してまいります。 
多くの出会いと大きな感動、それは貴方自身と永遠に続く人との繋がりだけが創れると信じます。(とうかい号公式ホームページより抜粋
 
 
 
 
2007_2_june_fune2.JPG
 
これが今回の洋上研修船、「とうかい号」。(船名:ふじ丸)
 
総トン数 23,235トン
客船定員 163室/600人
全長 1,670m
全幅 24.0m
 
 
ビルがそびえたっているような感じ。
とてつもなくでかい。
 
カメラでは、全形を捉えることが出来ない。
 
 
2007_2_june_fune3.JPG
 
 
一般乗船者から次々と、紙テープが投げられる。
 
あのお決まりの風景だ。
 
 
2007_2_june_fune4.JPG
 
 
こちらからも紙テープと風船が放たれる。
 
 
いよいよ出港に向けてカウントダウン。
 
 
2007_2_june_fune5.JPG
 
 
われらが北村君は、写真中央に位置している。
 
遠くて見にくい・・・・・・。
 
 
2007_2_june_fune6.JPG
 
 
サングラスに帽子の怪しそうな風貌。(笑) 間違いない彼だ!!
 
 
赤い紙テープを投げるところ。
 
彼から次々とスタッフに紙テープが投げられる。
 
 
2007_2_june_fune7.JPG
 
 
「そりゃぁっっ!!!!!」
 
 
2007_2_june_fune8.JPG
 
 
白木課長がキャッチ。水色の紙テープだ。
 
向こうでは、坂口部長(茶色の上着・黄色のズボン)が赤色のテープを。
 
 
2007_2_june_fune9.JPG
 
 
新美君は、黄色の紙テープ。
 
守山君は?
 
 
2007_2_june_fune10.JPG
 
 
2007_2_june_fune11.JPG
 
 
2007_2_june_fune12.JPG
 
 
いよいよ出港のときが、やってきた。
 
 
出港の合図が高らかと、鳴り響く。
 
 
2007_2_june_fune13.JPG
 
 
頑張ってこいよ!!!楽しんでこいよ!!!
 
 
船酔いが激しい彼からは、なぜか笑顔が。(笑)
 
 
とてもつもなく大きな船だから、ほとんど揺れないので酔わないでしょう。
いちおう大量の酔い止めを用意しているそうだ。
 
 
2007_2_june_fune14.JPG
 
 
紙テープが少しずつ切れていく・・・・・。
 
 
2007_2_june_fune15.JPG
 
 
切れた紙テープが中に舞う。
 
 
2007_2_june_fune16.JPG
 
 
もう北村君が見えなくなって・・・・・・・。
 
 
2007_2_june_fune17.JPG
 
 
行ってしまった。
 
船の出港って、徐々に視界から消えていくからノスタルジーを感じさせる。
 
 
2007_2_june_fune18.JPG
 
 
北村君が乗った船をバックに最後の記念撮影。
 
もう帰ってこないかもしれないからって。(笑) ひどいなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
2007_2_june_fune19.JPG
 
 
 
 
 
最後に、
 
 
この7日間洋上研修船の中で、プログラムを通して寝食を共にし
日常生活では決して味わうことが出来ない素晴らしい体験をすると思う。
 
みんなで何かを創り上げ、成し遂げていく過程。
それは、初めて会った人かもしれない。
自分とは趣味や性格、果ては考え方も合わないかもしれない。
 
それでも同じ船の中で出会ったのも運命。
目標・目的・思いを同じにして乗り越えていく過程で、たくさんのことを体験してきて欲しい。
 
 
それは、またメモリーに帰ってきてからも通用するものだから。
同じ会社の中、価値観・考え方・仕事の仕方が違っても、よくコミュニケーションをとり
同じ目標に向かって邁進していかないと、メモリー丸も転覆してしまう。
 
体験したこと、学んだことを社内に持ち帰ってフィードバックして欲しい。
また出来れば実践して欲しい。
 
 
 
 
 
 
そして、
 
700人以上乗船する中から、たった一人だけでも一生涯の友達ができるといいね。
 
そんな輝かしい7日間だったら、とても素晴らしい。
 
 

投稿者 中村 憲広 : 15:43 | コメント (2) | トラックバック

2007年06月02日

ザ・焼肉まつり

昨晩、以前のブログにも書いた焼肉まつりを開催。
 
 
いわゆる社内コンパを開いた。
 
 
6月から始まる幾つかの催しものに向けて
スタートダッシュをきるためのよいキッカケに。
 
そして、明日(6月2日)からスタッフの北村君が1週間研修へ。
北村君の激励会にも、ということでとてもよいタイミングだった。
 
 
6月のイッピだし。
 
 
2007_1_june_karaoke0.JPG
 
 
肉が出てくる前の腹を空かしたトンガリストたち。ガルルルッッッ・・・・・。
 
 
2007_1_june_yakiniku1.JPG
 
 
こちらのグループは、大食漢揃いの猛者たち(笑)。
 
 
2007_1_june_yakiniku2.JPG
 
 
こちらは・・・・・・・・・
 
特にコメントを書くのを控えておこう(笑)。
 
 
2007_1_june_yakiniku4.JPG
 
 
ついに晩餐が始まった。
箸と箸の饗宴?共演?競演?
 
まぁ、どっちでもいいか。とにかく箸がすすむすすむ。
 
 
2007_1_june_yakiniku3.JPG
 
 
宴もそろそろ終盤に差し掛かり、
 
猛者揃いのこちらのテーブルも
 
箸がとまり話に華が咲く
 
 
新入社員の守山君も楽しそう。
 
 
2007_1_june_yakiniku5.JPG
 
 
こちらのテーブルもご他聞にもれず
 
話に華が咲き乱れ、アタマにサンチュが2輪も咲いて
 
るわけないかっ!!
 
 
 
 
 
 
2次会では、カラオケへ。
 
守山君のブレイクダンスあり、○○君の独唱会あり。
 
 
 
( ↓ 気持ちよく歌っている彼、上の○○君ではありません、ちなみに。)
 
2007_1_june_karaoke1.JPG
 
 
 
楽しい晩が過ぎていきました。
 
 
 
 
よーーし、みんな6月からも頑張っていこう!!
 
よろしく。

投稿者 中村 憲広 : 14:38 | コメント (0) | トラックバック


PR:京セラドキュメントソリューションズ.com
PR:京セラドキュメントソリューションズジャパン.net
PR : 中古コピー機 名古屋