2009年07月13日

ピアノ 発表会

昨日、なんとか無事終わりました。
 
 
2009_7_12_piano_1.jpg
 
 
“継続は力なり”ですね。
 
 
 
50人ほどの出演者がみえました。
 
 
人前で話したりするのは慣れてますが、
人前で演奏するのは、なかなか慣れないものですね。
 
 
 
 
独特の緊張感がありました。
 
 
 
毎年出ていますが、
 
久しぶりに新鮮な気持ちになりました。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 20:27 | コメント (4) | トラックバック

2009年07月08日

ピアノ

今週の日曜日にピアノの発表会がある。
 
 
まだ全然納得いく出来栄えに仕上がっていない。
(というよりも人前で弾けれる域に達していないと言う説も。)
 
 
どうしよう・・・・・・。
 
毎年いつもこの時期同じ悩みに。
まるでテスト勉強が出来ない中学生のようだ。
 
 
金曜日から泊まりで出張だし。
 
 
 
アタマが痛い。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 19:41 | コメント (4) | トラックバック

2008年10月20日

中央アルプス 木曽駒ケ岳

12日の日曜日に木曽駒ヶ岳に行ってきました。
 
 
山の上ではもう紅葉が始まっています。
みなさんより、一足早い秋を眺めにいってきました。
 
 
 
木曽駒ヶ岳は以前にも登ったことがあり、
その時の展望が今でも忘れられなく
もう一度登ってみたいとずっと思っていました。
 
 
 
 
木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)は日本百名山の一つとして数えられ、
長野県にある標高2,956mの山。
木曽山脈(中央アルプス)の最高峰で、上松町、木曽町、宮田村の境界にそびえる。
 
木曽前岳(2,826m)、中岳(2,925m)、伊那前岳(2,883m)、宝剣岳(2,931m)を含め、木曽駒ヶ岳と呼ぶ場合もあるが、私は「キソコマ(木曽駒)」と省略して呼んでいる。
 
 
 
この時期の木曽駒は、もうそれは大変です。
 
 
バス待ち、ロープウェー待ちの人だかり。。。。。。
 
 
 
2008_10_12_kisokoma_1.JPG
 
 
この日も予想通りバス待ちで一時間。
 
自宅を夜中の1時に出発し、高速を走らせ5時に駐車場に到着。
着替えをさっと済ませ、菅の台からバスに乗車すると揺られること50分。
 
さすがに朝は冷える。
寒さと眠さでよくわからない感じ。
 
 
2008_10_12_kisokoma_2.JPG
 
しのび平に到着するとロープウェー待ちで1時間半。
 
幸いにこの時期は天候も安定していて、
土日にはだいたい晴れが当たってくれる。
 
 
 
この日も7時くらいから日の光が。
日光にあたるとポカポカとしてくるが、
私は持参したありったけの防寒着を着込みなんとか寒さを凌いだ。
 
 
2008_10_12_kisokoma_3.JPG
 
ロープウェーに乗るともう寒さを忘れる。
 
忘れてしまうぐらいの絶景がもうそこには広がっているからだ。
普段お手軽に出来る簡単な低山、山登りとは違う"わくわく感”がある。
 
 
このロープウェーが、気持ちを高揚させる手伝いをしてくれる。
 
待ってでも登る価値があると私は思う。
 
 
2008_10_12_kisokoma_5.JPG
 
千畳敷カールをバックにモコモコに着込んだ私。
 

この千畳敷カールは、氷河期に氷河によってえぐり取られ出来た大壁面。
それをカールと呼び、標高2,600m周辺に広がる。
 
 
 
2008_10_12_kisokoma_6_1.JPG
画像の確認
 
夏は高山植物の宝庫となり、秋にはナナカマドやダケカンバなどの紅葉が山肌を彩る。
 
朝の日差しに照らされて見せる山肌の表情と、
夕日に彩られて見せる表情と全く違う千畳敷を見ることが出来た。
 
正確には、実際にその場にいた私は、
下りには「あ~~、表情が違うなぁ」と思ってカメラのシャッターを押していたのだが、
ブログを書くために改めて写真を見比べてみると全く景色が違うのだ。
 
 
空の色、山肌の色、木々の色、
全く違う山なのだ。
 
 
 
2008_10_12_kisokoma_7.JPG
 
千畳敷の途中から振り返ったところ。
 
 
2008_10_12_kisokoma_8.JPG
 
千畳敷の途中から伊那前岳を望む方角。
 
 
2008_10_12_kisokoma_9_1.JPG
画像の確認
 
 
乗越浄土に向けて遊歩道が続き、
剣ガ池からの道を合わせ、左へ岩がごろごろした登山道を歩いていく。
 
乗越浄土から伊那前岳へ続く稜線が近づくと、ガレ場の急登が始まる。
前回登った時は、最初のガレ場で息切れして、もう帰りたくなったのを覚えている。
 
たぶんあの時は、標高の関係で酸欠だったと思う。
 
今回は元気モリモリだ。
 
 
 
2008_10_12_kisokoma_10.JPG
 
 
 
2008_10_12_kisokoma_12.JPG
 
乗越浄土からの眺め。
 
 
最高~~~!!!!!
 
 
2008_10_12_kisokoma_13.JPG
 
乗越浄土から伊那前岳を望む。
 
青い空と緑のコントラストが美しい。
 
 
2008_10_12_kisokoma_14_1.JPG
画像の確認
 
乗越浄土から中岳を望む。
すぐそこにありそうなように見えるのだが、
ここから30分は歩く。
 
宝剣山荘の脇を抜け、平坦地を進む。
 
振り返ると天狗岩と宝剣岳が印象的。
 
中岳山頂を踏むルートと、
中岳の西側を巻くルートに分岐するが、山頂を踏むルートで行く。
 
 
2008_10_12_kisokoma_15.JPG
 
中岳の山頂。
 
 
2008_10_12_kisokoma_16_1.JPG
画像の確認
 
中岳山頂より、木曽駒ケ岳を眺める。
中岳からもすぐそこに見える木曽駒ケ岳山頂も40分の行程だ。
 
真ん中に見える山荘とテントが木曽駒ケ岳キャンプ場。
 
ここまで来るとあと少し。
しんどさは感じない。
 
 
むしろ爽快さを覚える。
 
 
 
2008_10_12_kisokoma_17_1.JPG
画像の確認
 
 
木曽駒ケ岳への登り中腹より中岳を眺める。
 
右手に見える鋭く尖った山が宝剣岳だ。
 
近くで見る宝剣岳の雄姿はすばらしい。
息を呑むような美しさがある。
 
 
2008_10_12_kisokoma_18_1.JPG
画像の確認
 
 
木曽駒ケ岳頂上。2,956メートル。
 
 
 
まさに中央アルプスの盟主。
ここからの眺めは絶景であり、別世界だ!
 
私の語彙力では、表現しきれないが登ったことがある方なら理解してもらえるだろう。
バスやロープウェーを何時間も待つ甲斐がある。
 
 
その眺めは東に南アルプス、西には御岳山、南には三ノ沢岳が間近に見える。
そして、さらに北アルプスや八ヶ岳連峰も一望できる。
 
 
 
2008_10_12_kisokoma_19_1.JPG
画像の確認
 
御嶽山。
 
 
2008_10_12_kisokoma_20_1.JPG
画像の確認
 
富士山。
 
 
2008_10_12_kisokoma_21.JPG
 
ガスバーナーでお湯を沸かす。
楽しみの一つでもあるごはんの時間。
 
山で食べるご飯はまた格別だ。
 
 
2008_10_12_kisokoma_22.JPG
 
温かいおかゆをお昼ごはんに。
 
 
2008_10_12_kisokoma_23.JPG
 
おかゆで温まった体もちょっと油断するとすぐ冷えてくる。
フリースを着込む。
 
高山では、体温調節も大事になってくる。
体温や気温に合わせ衣服の調節をコマめにやらないと体力を消耗する。
 
 
2008_10_12_kisokoma_24.JPG
 
駒ケ岳の山頂を楽しんだ後、下山し乗越浄土へ近づくとヘリコプターが上空を旋回しているのに出くわす。
 
宝剣山荘付近でどうやらヘリが登山者を救出しに来たようだった。
 
 
救出付近では、登山の足止めと珍しさで登山者が多数いた。
 
ガレ場の落石対策のため、浮石が金網で固定されているのだが、
運悪くその金網で足を引っ掛けた方が頭から落ち、頭を骨折したらしいのだ。
命に別状無ければよいのだが・・・・。
 
 
 
 
2008_10_12_kisokoma_25_1.JPG
画像の確認
 
 
下山途中の千畳敷から。
 
 
 
斜陽でカールの低木が赤く変わり、
朝の表情とはちがう千畳敷が、私をいっそう楽しませてくれた。
 
 
 
 
2008_10_12_kisokoma_26_1.JPG
画像の確認
 
 
 
木曽駒ケ岳、何度でも登ってみたくなる。
そんな山の一つであると思う。
 
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 22:19 | コメント (2) | トラックバック

2008年10月15日

説田 生誕祭をなぜか ≪恵那山≫ ノ巻

 
 
 
uramemoly.jpg
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 17:12 | コメント (0) | トラックバック

2008年09月15日

クライミング

昨日クライミングジムに行ってきました。
 
 
ずっとやりたいと思っていたのですが、
なかなか機会がなくそのままになっていました。
 
 
 
 
いや~、面白いです。
 
 
  
 
2008_9_15_cl_1.JPG
 
 
 
力で登るんじゃないそうです・・・・・。
 
 
 
私はどうしても力でなんとかしてしまおうとするのですが。
大抵の初心者はそうなってしまうみたいです。
 
 
 
 
「クライミングはアタマのパズル」
 
 
 
 
 
 
 
足を置く位置と身体の重心、バランスで登る。
男女のハンディはあまりなく、実際に年配の女性や華奢な女性がすいすい登っていました。
かっこいい!!
 
 
 
 
 
 
クライミングの魅力に、はまってしまいそうです。。。。。
 
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 10:08 | コメント (2) | トラックバック

2008年09月02日

槍ヶ岳

 
 
  uramemoly.jpg
 
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 20:10 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月19日

神明山荘と白草山

8月9日、10日と待ちに待ったメモリー山会のメンバー+αとの
山登り合宿。
 
 
今回は、協力会社の営業マンも参加。
朝から集合し、目指すは岐阜県下呂市周辺。
 
 
宿泊場所は、神明山荘
ここの宿が楽しみで待ち遠しかった。
 
 
登る山は、白草山。
私が白草山に登るのは、これで2度目だ。
前回は、天気が悪く山頂での展望は全くなかった記憶が・・・・・。
 
 
 
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_1.JPG
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_2.JPG
 
車内での様子。
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_3.JPG
 
白草山登山口。
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_4.JPG
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_5.JPG
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_6.JPG
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_7.JPG
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_8.JPG
 
もう少しで頂上だ。
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_9.JPG
 
白草山頂上。
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_10.JPG
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_11.JPG
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_12.JPG
 
下山途中の風景。
(写真中央:説田はこの日もノーパンだったかも?(笑))
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_13.JPG
 
 
 
 
夜の神明山荘。
トロン温泉とおいしい囲炉裏焼。
 
 
飛騨牛の網焼き。
 
鮎の串焼き。
 
2008_8_9_shinmeisansou_14.JPG
 
 
2008_8_9_shinmeisansou_15.JPG
 
 
 
楽しい夜は、時の経つのも早い。
 
また、行きたいなぁ。
 
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 12:30 | コメント (0) | トラックバック

2008年08月18日

北アルプス

 
 
  uramemoly.jpg
 
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 11:26 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月22日

継鹿尾山(つがおさん)

 
 
土曜日にメモリー山会のメンバーと継鹿尾山に行って来ました。
 
 
 
善師野駅付近から、出発するコース。
 
この日はスゴイ暑さでしたから、
朝イチから出発し、近くのハイキングコースで足慣らしでもしようという予定でいきました。
 
 
善師野は江戸の頃中山道と名古屋城下を結んだ尾張藩独自の街道。
名古屋往還の三つの宿場町のひとつ。
小牧宿、土田宿の間の宿。
 
 

2008_7_19_tsugao_1.JPG
 
 
駅から1時間30分ほど歩けば、既に頂上。
 
頂上からの展望は、これがまた素晴らしい。
汗だくの3人を心地よくさせるのには十分過ぎます。
 
継鹿尾山展望台からは蛇行して流れる木曽川が見える。
良い景色とともに早めの昼食をとりました。
 
 
 
 
おむすびが美味しい!!
 
 
 
 
帰りに
各務ヶ原温泉に寄り、汗を流しました。
 
 
 
充実した休日。アクティブレスト最高です。
 
 
 

投稿者 中村 憲広 : 18:17 | コメント (0) | トラックバック


PR:京セラドキュメントソリューションズ.com
PR:京セラドキュメントソリューションズジャパン.net
PR : 中古コピー機 名古屋